So-net無料ブログ作成
検索選択

折々のことば(朝日新聞より) [言葉の力]

朝日新聞の一面「折々の~」、私の好きな欄です。

10月4日の記事はこんな言葉で始まっていました。

いい顔とは、生にはりついている死とのつきあい方が素直にすけてみえる顔のことです。

                                           森崎和江

人は命を差配できると思い込むようになって、逆に、穏やかな顔で死ぬことも容易でなくなった。

死は一個の命の消失に尽きるものではない。土が生き物の死体を腐らせることで植物を育むように、

人の死も「大きな自然の摂理にくるまれたもの」としてあるはず。その死が「命の素顔」から遠ざかる

ばかりだと、作家は憂う。「大人の童話・死の話」から

なんとなくまた思い出したい記事だったのでブログに書いてみました。[ひらめき]

201207iroiro 059s.jpg



共通テーマ:日記・雑感