So-net無料ブログ作成
検索選択

折々の言葉 [言葉の力]

(朝日新聞)折々のことば№189より

遠慮の固まり           言い習わし

みなで食卓を囲んでいるとき、大皿に盛られた料理の最後の一切れに、

ためらいもなく箸を向ける人は顰蹙(ひんしゅく)を買う。誰もが本当は

食べたくて仕方がないのだが、それでも他者への配慮を優先する。この

思いやりがないとみなの食事がまずくなるから。誰も手を出せないこの

最後の一切れが「遠慮の固まり」。笑顔で「どうぞ」と言われて手を伸ばす

時の小さな幸福。

この記事を見て、幼いころの食卓を思い出し、ふふっと笑ってしまった。

私も同じ思いをしたことがあったからだ。

最後の一切れに手を出そうとして母に注意をされてしまった。

この記事を見て心当たりのある人は、そこそこの年配の人ばかりかな

と思うのは私だけ?

IMGP1813s.jpg

今年は玄関先の金木犀がいっぱいの花をつけ、雨の日はふくよかな香りを

楽しませてくれています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。