So-net無料ブログ作成
検索選択

折々のことば [言葉の力]

朝日新聞一面の片隅にスペースを持ったこの欄、「折々の花」のころから

時に触れ、拝読するようになっていて、今は「折々のことば」というテーマで

掲載されています。これは27日に掲載されていた№293の記事です。

私には難しい文面も多々ありますが、心に残ることもあり、今回もその一文で

書いておきたいと思いました。以下 その記事です。

何でもないことを悲しく言うのはなんでもないけど 

悲しいことをなんでもないようにいうのは苦しい    小野省子

おのが悲しみについて書こうとすると、つい自らを憐れんで、

言葉にふこらし粉をまぶしてしまう。あるがままに書くということは

それほどに難しい。自分のことだからこそきちんと距離をとらないと

いけないのだが、自らを隔てるのは、言ってみればかさぶたを剥がす

ようなもの。ちりちり痛む。

詩集 「牛丼屋夜間アルバイト」から  「折々のことば 」筆者鷲田清一氏

こんな記事から自分の気持ちを客観的に見つめることができ、心が鎮まることが

あるものですね。

もう一つ この日の天声人語にほっこりする記事が載っていました。やはり

言葉にかかわることですが、抜粋して書いてみます。

「暑くもなし 寒くもないから ちょうどいい気温だから 春かなぁ」

中三の女の子が寄せた認知症の祖母の言葉だといいます。本当は

秋なのだが、祖母はわからない。でも肌で季節を感じている祖母は素敵だと

彼女は言う。人の存在の深みから届いたような言葉と響きあうその感性も

素敵である。

ほかにも 「花は咲くときには頑張らない ゆるめるだけ」(中3)

「お前 一年前の悩み言える?」(中2)は 塾の先生より

人は成長する今の悩みは些細なことだと・・・。

即効薬のように力をくれる言葉がある。しみた雨が泉となって

湧くように時間をかけて心に届く言葉もある。どこか人との出会いに似ている。

言葉を友人に持ちたい。 以上 天声人語より

考えてみれば私も些細な言葉にずいぶん救われてきたように思います。

まさに「言葉という友人」言い得て妙という気がしています。

kouteidarias.jpg

昨年の晩秋 庭に咲いた見上げるようなコウテイダリアです。

  


nice!(6) 
共通テーマ:日記・雑感

マイ 心の風景 [思いつきの記]

朝、日野正平さんの視聴者のからのお便りに添って全国津々浦々を自転車でめぐる

番組があります。皆さん悲喜こもごもの思い出の地を手紙に託しておいでです。

ふと私にはどんな思い出の地があるかなと考えたのですが、旅行先で見た震えるほどの

感動を受けた地、肌にしみてくるような癒された風景、たくさんあるのですが、心の風景と

思われるのは、小学生のころ、校門を出ると天気のいい日に、雲の隙間から輝く、何本もの光の

筋が、天使が舞い降りてくるように感じて、60年もたった今でも、同じ風景を見るとあの時の

気持ちに戻るような気がします。

後になってそれがまさしく天使の階段と呼ばれていることを知った時、とっても嬉しかった事も・・・

tubaki2.jpg

サザンかも終わり これは椿の つ も り^^

山茶花ははらはらと花びらが散っていきますが

椿はポトリと音もなく終えますね。

我が家の小さな庭は山茶花の花びらがいっぱい、毎日掃き掃除です。


nice!(5) 
共通テーマ:日記・雑感

2015-12-08 [日々のこと]

思い出したようにUPするわがままブログです。

今日は一ヶ月に一度の病院の日でした。

3年半ほど通院してなんとなく先生との意思の疎通ができるかなと

思いました。一ヶ月に一度でしかも診察時間は(と言っても問診だけですが)

5分ほど・・・・・。診療内科系の病院ではほとんど薬についての話が多いのですが

私が見ていただいている先生、かなり薬に対する知識をお持ちなのがわかってきました。

心強いことではありますね。熟まずたゆまず、病を受け入れ小さな楽しみを大きく感じて

日々すごして行きたいなと思う初冬のこのごろです。

今 我流で楽しんでいる下手なはがき絵を懲りずにUPしました。

korobokusu.jpg

hahakogusa.jpg

tubaki.jpg

suisen.jpg

sazanka.jpg

私にこんな楽しみを教えてくれた友人に感謝しつつ、思いついたときに

描いています。

いつものかかりつけ医の医院にちょっとだけスペースをいただいています。

つたない絵でも待っていてくださるのが嬉しいし、励みになるものですね。

身の回りにある新聞や冊子の挿絵などお手本にいただいています。

 もう今年もおしまいですね。 皆様どうぞ 良いお年をお迎えくださいね。


nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今日が一番若い日 [元気が一番]

先週の金曜日。 2度目のさわやか体操にいってきました。

前日から調子がいまいちだったので迷ったのですが、「えいっ」と

気合を入れて車に乗りました。

でもでも案にたがわず途中から早く終わらないかなぁと時計を眺め、

終わったときには滝のような汗にドヒャという感じでした。

その日の夕方から少し気持ちが悪くなり、頭が割れるように痛くなりました。

「え~~~~っ!」これってくも膜下出血の前兆とかっとあせってしまいました。

けど たいしたこともなく、次の日やるべきことをぜ~~んぶパスしてごろごろを

決め込んだら、何事もなく今日はさわやかな日です。

やっぱり憎まれもの・・^^なんでしょうか?

「今日が一番若い日」やれることをがんばらなきゃと思ったことでした。

 momiji4.gif.jpg

下手な絵でもみじが赤くなって怒っています(ゴメンゴメン)

poinsetia.jpg

「まだまだ私の出番じゃない」って ポインセチアの声が

聞こえてきますか? (^_-)-☆


nice!(5) 
共通テーマ:日記・雑感

はがき絵UPしました(#^.^#) [趣味の事]

描いたり描かなかったり描かなかったり描かなかったりの

はがき絵ですが楽しいと感じられることをうれしいと思っています。

kosumosu2.jpg

momiji3.jpg

不定愁訴と思っていた体調がうつ状態と言われてびっくり!

精神的にはなんともなくても体のあちこちに異常が現れ

内科 耳鼻科 総合病院と15年近くお医者さんをめぐり結局、

こんなことと相成りました^^

戦うこと3年半、うまく付き合っていく覚悟をきめ、新しい自分と仲良く

暮らしていこうと思っています。

金曜日から市の高齢者さわやか体操に参加しています。

ソシアルダンスとかフラをやっていたので音楽のない体操は

続かないなと思っていたのですが、20分ほどは軽快なエアロっぽい

音楽が流れます。音楽があると自然に体が動きます。

家に帰ってからは、体がピノキオ状態、続くでしょうか^^


nice!(6) 
共通テーマ:日記・雑感

折々の言葉 [言葉の力]

(朝日新聞)折々のことば№189より

遠慮の固まり           言い習わし

みなで食卓を囲んでいるとき、大皿に盛られた料理の最後の一切れに、

ためらいもなく箸を向ける人は顰蹙(ひんしゅく)を買う。誰もが本当は

食べたくて仕方がないのだが、それでも他者への配慮を優先する。この

思いやりがないとみなの食事がまずくなるから。誰も手を出せないこの

最後の一切れが「遠慮の固まり」。笑顔で「どうぞ」と言われて手を伸ばす

時の小さな幸福。

この記事を見て、幼いころの食卓を思い出し、ふふっと笑ってしまった。

私も同じ思いをしたことがあったからだ。

最後の一切れに手を出そうとして母に注意をされてしまった。

この記事を見て心当たりのある人は、そこそこの年配の人ばかりかな

と思うのは私だけ?

IMGP1813s.jpg

今年は玄関先の金木犀がいっぱいの花をつけ、雨の日はふくよかな香りを

楽しませてくれています。



共通テーマ:日記・雑感

気ままなはがき絵 [趣味の事]

   またまた 我流で書いている下手なはがき絵をUPしました(#^.^#)

img001.jpg

 これはテレビでも活躍されいる名古屋の女性アナウンサーの作品を真似て書きました。

(変な字になって許してくださいね)

img002.jpg

  身近にあるいろいろなものをお手本に描いています

img003.jpg



共通テーマ:日記・雑感

折々のことば(朝日新聞より) [言葉の力]

朝日新聞の一面「折々の~」、私の好きな欄です。

10月4日の記事はこんな言葉で始まっていました。

いい顔とは、生にはりついている死とのつきあい方が素直にすけてみえる顔のことです。

                                           森崎和江

人は命を差配できると思い込むようになって、逆に、穏やかな顔で死ぬことも容易でなくなった。

死は一個の命の消失に尽きるものではない。土が生き物の死体を腐らせることで植物を育むように、

人の死も「大きな自然の摂理にくるまれたもの」としてあるはず。その死が「命の素顔」から遠ざかる

ばかりだと、作家は憂う。「大人の童話・死の話」から

なんとなくまた思い出したい記事だったのでブログに書いてみました。[ひらめき]

201207iroiro 059s.jpg



共通テーマ:日記・雑感

村祭り [日々のこと]

 今年は自然の現象が異常ですねぇ

いろいろな災害に見舞われ、大変な思いをされている方々

いかばかりかとお察し申し上げます。

 さて 私の住む地域も久しぶりに秋らしいさわやかな日に

恵まれ、今日は町内の秋祭りでした。

朝から獅子舞が各戸を回り、夕方からは神社で子供相撲やカラオケ大会

などが催されます。

IMGP1809s.jpg

IMGP1812s.jpg

村はずれの我が家のあたりまで来るとお獅子もちょっとくたびれています。

子供たちも頑張っています。



共通テーマ:日記・雑感

自己流の拙いはがき絵に載せて [思いつきの記]

久しぶりの薫風(風は強めですが^^)に、狭い庭に咲いた真っ白なアジサイやオレンジ色のゆり、

咲き終えたつつじたちを見ながら下手なはがき絵を載せています。

img033.jpg

 

img030.jpg

 

img035.jpg

      img029.jpg

 

 

 

img031.jpg

 

img034.jpg

 

 

下手な絵をご覧くださった方、ありがとうございます。

今日、新聞を読んでいたらこんな記事がありました。

朝日新聞の一面「折々の言葉」という小欄があります。10年ほど前、「折々の花」という

テーマで掲載されていたころからこの欄のファンとなり、それ以来テーマは変われど

時々拝読させていただいています。以下は今日の掲載記事を引用さていただきました。

いい思い出だけが残ること、それを成仏と言うんです。     橋本峰雄

 逝った人との、生前はどうしても断ち切れなかったさまざまのこだわりが、時の移ろいとともに

少しづつほぐれてくる。じかに向き合っていた時には解けなかった確執も少しづつそぎ落とされ

その人のいい面だけが残る。そういう形で亡き人のイメージが整ってくると、残された人の心も

安らぐ。京都・法然院の梶田真章貫主からうかがった前貫主のことば。

 こだわりやしがらみから抜けきることが出来なくて苦しむこと多い私ですが、一服の清涼剤を得た思いでした。

それから、以前、座禅会便りというテーマで拙い記録を書かせていただいていましたが、かの花岳寺のご住職様

彼岸に旅立たれました。 もう2年近くなります。(私も体調を崩し、長らく知ることもなくおりました。)

多くのものをいただいた感謝とご冥福をお祈り申し上げるのみです。

 

 


nice!(5) 
共通テーマ:日記・雑感